ペニスサイズについて

世の中の男性なら誰しも1度は気にしたことがあるであろう自分のペニスの大きさ。
ペニスの大きさを気にするということは決して恥ずかしくもおかしくもない至極当然のことだと言えます。

男性にとってペニスは特有のシンボルのような物として見られますし、女性にしても、ペニスが小さい男性に魅力を感じることはほとんどないことでしょう。

そしてひとたびサイズを気にした男性が行きつく結論は「ペニスが小さいことに何もメリットはない」ということです。

女性のバストはある程度目安となるサイズ(Bカップ、Cカップなど)があるのに対し、ペニスにはサイズ表記がありません。
なのでサイズを比べるにはお互いに露出した状態でないと確認ができませんが、それでも「基準ってどうなの?」という疑問が残ります。

2016年某コンドーム会社発表のペニスの世界平均は、長さ15.1センチ、亀頭部分の直径4.1センチ、中間部分3.8センチ、付け根の部分3.9センチとなっています。

世界平均の数値を見てもピンと来ないと思いますが、日本の平均と比べると一目瞭然です。
日本は長さ12.6センチで世界平均からは約3センチ小さく、1番大きいのはアフリカのスーダンで、長さ17.95センチで日本人のサイズとは5センチも変わってきます。

冒頭に、小さいことに何もメリットはないと記載しましたが、ただ大きければ良いというわけでもありません。
しかし男性であれば、やはりある程度の大きさは欲しいというのが本音でしょう。

短小ペニスにお悩みの男性は、ペニスを大きくするために作られたサプリメントの服用がおすすめです。
海外通販などで簡単に入手可能なサプリメントとなっていますので、自分のペニスのサイズが気になっている人はペニス増大サプリを使って陰茎の拡大を計ってみるのも良いかもしれないですね。